KAOPIZ AI x OCR:最新技術であるAI・ディープラーニングを応用した賢いOCRのエンジン

最近、本や手書きなどの資料をスキャンしたい場合、OCR(Optical Character Recognition:光学文字認識)がよく使われています。 当社カオピーズは、Kaopiz OCRというテクノロジーを通じて企業の生産性やサービスの利便性を高めて、デジタルトランスフォーメーション(DX)時代をより早く現実にしてまいります。Kaopiz OCRとは、運転免許書、パスポート、領収証、在留カードなどの様々な書類の画像から、AIとOCR技術により簡単・正確・高速で情報を読み取り、データ化することが出来るアプリケーションです。この便利なテクノロジーは、印刷または手書きのテキストを分析し、編集可能な通常のデジタルファイルに変換します。 以下の記事では、このテクノロジーがどのように機能し、なぜそれが役立つのかについて説明します。

OCRとは?

OCRは、スキャンされた手書き、印刷、または入力された文字のデジタルコピーを作成します。 この手法は、特に請求書、パスポート、ドキュメント、名刺、手紙、印刷物など、紙に収集されたさまざまな種類のデータのデータ入力に広く使用されています。

テキストがデジタル化されると、テキストの検索と編集を電子的に行うことができます。 さらに、ストレージがよりコンパクトになり、ドキュメントをオンラインで表示できます。

f:id:kaopiz:20210723172523p:plain

OCRエンジン

ORCはどのように動くか?

印刷または手書きのページをスキャンすると、ビットマップファイルとしてTIF形式で保存されます。 画面に表示されているこの画像を読み取ることができます。 ただし、コンピューターにとっては、白と黒のドットの集まりにすぎません。 画像の各行を調べて、ドットのシーケンスが特定の数字または文字と一致するかどうかを判断します。

OCRのメリット

・データの検索と操作

スキャンされたドキュメントのテキストコンテンツを生成するOCRの機能により、キーワードを検索することでドキュメントのセクションを検索および検索できます。 また、ワードプロセッサを使用してドキュメントを編集することもできます。

視覚障害者のための支援

スクリーンリーダーは、視覚障害のある人が理解できるように、テキストをデコードして画面上の単語を読むことができます。

・より高速なデータ入力

全体として、OCRテクノロジーは事務作業の効率と効果を大幅に向上させることができます。 これは、ほとんどのオフィスで、高い生産性とより効率的なプロセスを備えたドキュメントスキャンが非常に必要とされているためです。

KAOPIZ OCR

OCRは書かれたテキスト(入力、手書き、または印刷)を含む事実上すべてのタイプの画像を機械可読テキストデータに変換するために使用されます。しかしながら、書類のフォーマット(文字の形、文字間隔、文字位置など)が固定されない場合、文字を認識できないケースがあるため、実用に適さない場合があります。そこで、弊社はAI・人工知能を活用して、Kaopiz OCRエンジンを開発しました。

Kaopiz OCRとは、AIによる画像解析を活用することで幅広い書類フォーマットへの対応と学習による継続的な読み取り精度の向上を可能にするエンジンです。Kaopiz OCRは、ただのOCRではなく、最新技術であるAI・ディープラーニングを応用した賢いOCRのエンジンです。今まで当社カオピーズで積み重ねてきた多くのシステム開発の経験とAIとOCR技術を独自に研究開発してきたノーハウで、世界最高水準だけでなく、お客様に最適な書類読取アプリケーションを提供いたします。

従来のOCRから進化したAI-OCRを活用することで、多様な文章表現も高精度で認識可能であり、業務効率化に大きく貢献することができると考えておりますので、 業務効率化を向けた対策を模索中の方は、是非一度弊社のAI-OCRエンジンの導入をご検討ください。

オフショア開発サービスを提供しているカオピーズ

近年、システム開発を検討している会社はよく「オフショア開発」という言葉は耳にするでしょう。オフショア開発チームは海外にありますが、テクノロジーのおかげで、彼らはリモートで仮想的に作業し、コスト削減で製品を構築するのを支援することができます。弊社、株式会社カオピーズは東京とベトナムハノイに拠点を持つオフショア開発サービスを提供している会社です。2014年に設立され、現在の従業員は約240人で、ほとんどがハノイ工科大学の卒業生です。弊社の特長をまとめますと「コスト」「スピード」「品質」を成し遂げるシステム開発サービスです。

カオピーズはWebシステム、モバイルアプリ、業務基幹システム、ゲームアプリなど、最新技術を駆使してコストとスピードを両立させながら高品質なシステムを開発しております。スマートフォンアプリ、WEB系システム開発、業務システムの開発 、AIの開発を専門としおります。今まで、78社を超える企業様とお取引させていただき開発実績は300件以上ございます。

現在、日本では、若く優秀なエンジニアを採用するには、費用と時間がかかり、その問題を解決する方法の一つがオフショア開発です。コストパフォーマンスはオフショア開発を行う目的の一番の理由だと思います。日本企業はベトナムのITパートナーと協力することで、支出を80%削減できる可能性かもしれません。オフショア開発を通してベトナムの優秀なIT人材を確保できることもオフショア開発のメリットです。ベトナムは国を挙げて優秀なIT人材を生み出す政策をとっています。理系大学出身者や学生を中心に、ITエンジニアとしての就職をサポートしています。

カオピーズでは、システム開発業務をこのベトナムで実施することによって、コストを抑えながら高い品質水準を維持しています。カオピーズはシステム化・業務改善の提案からインフラ構築、システム開発、その後の運用・保守までお客様に一貫したサービスで対応します。

カオピーズが強い3つの理由は次のようにご紹介します:
1.世界クラスの技術力
2.対応領域の制限なし
3.しっかりとした品質・情報セキュリティの管理

カオピーズは日本企業様向けにオフショア開発、AI・画像認識エンジン開発AWS導入支援を中心としたサービスを提供し、お客様のDX推進をサポートしています。多くの企業様を支え続けてきた300案件以上からくる知見と技術力で、「コスト」「スピード」「品質」を成し遂げるオフショア開発を実現しています。オフショア開発にご興味をお持ちの方は、ぜひカオピーズにご相談くださいませ。カオピーズは、豊富なアプリ開発の実績があり、ベトナムで開発業務を行うことで、コストを抑えながら柔軟にあなたのアイディアを実現します。

K-MART セルフサービスカウンター & 「親切」を広げる夢

準備期間を経て、2021年6月8日、カオピーズのハノイオフィスに、カオピーズ社員のための、セルフサービスカウンターであるK-martが正式にオープンし、稼働しました。

K-martは、カオピーズ社員 の慈善事業を維持するために、より安定した長期的な基金を得たいという願望から作られました。 この基金は、遠く離れた山岳地帯の恵まれない子供たちがよりよい環境にて勉強し、生活することを助けるために使われます。 これは、特に恵まれない人を助けるボランティア精神と、カオピーズ社員の社会貢献の責任を示す毎年恒例の活動です。

K-martセルフサービスカウンターには、会社の共有スペースにある棚やアイスクリームキャビネットなどが含まれており、従業員のニーズに応えて、あらゆる種類のスナック、ドリンク、アイスクリームを提供しています。

ビジネスとともに慈善活動を行うことは、長い間、どのビジネスにとっても非常に大切なものでした。 カオピーズもこれを美しい文化と見なし、独自のマークを作成しています。 したがって、K-mart だけでなく、今後の活動においても、カオピーズが社会全体の発展にさらに貢献できるように、維持および促進する必要があります。

カオピーズは、「社員、顧客、関係者などの人を大切にする組織」という企業理念のもと、オフショア開発AI・画像認識エンジン開発AWS導入支援を中心としたサービスを提供し、顧客のDX推進をサポートしています。当社は技術力と対応力でお客様企業のビジネスと日越の友好関係に貢献することを目指しています。

ラボ型開発とは?特徴&メリット

オフショア開発について調査・検討する時に、ラボ型開発というシステム開発に関する契約形態をよく耳にするでしょう。では、ラボ型開発はどんな形か、どんなメリットがあるか、本記事で紹介させて頂きます。

ラボ型開発とは?ラボ型開発の特徴

ラボ型開発とはお客様の業務対応専用チームを編成し、一定期間(通常、半年間から1年間)の契約を結ぶ形態です。一定の開発量がある場合は必要スキルを持ち合わせたメンバーを固定配置します。配置するマンバーの選定・見積提出の上、確認後のスタートになります。お客様が弊社のブリッジSE、またはプロジェクトマネージャーと直接コミュニケーションをとって頂き、開発チームに作業内容を指示します。

ラボ型開発のメリット

  • 仕様変更に柔軟に対応可能
  • 開発体制を調整可能
  • 開発者がお客様のシステムを習熟する
  • 優秀な人材を長期間確保することが可能

このように、ラボ型開発について簡単に説明いたしました。ラボ型開発以外、オフショア開発には、請負型開発という契約形態もあります。ラボ型開発と請負型開発との違いがいくつかあります。どんなケースに応じてどんな契約を選択するかというのは重要なことです。システム開発に関する契約では、この2つのオフショア開発形態に迷っておられる方のお役に立てましたら幸いです。

DXとは?DX推進ガイドラインを簡単解説

最近、DX(デジタルトランスフォーメーション、以下DX)はもはや流行っているキーワードとなった。以前からこの流れは起きていましたが、新型コロナ感染拡大によって、 DX化の勢いは一気に加速しました。しかし、多くの営業者は具体的に何から始めれば良いのかが分からなかったり、多くの課題に直面している状況です。DXを推進するには、「したい」という要件をアクションプランのレベルまで落とし込むことが欠かせません。しかしながら、実際には必要なアクションが抜けてしまい、思うようにDXを推進できない企業も少なくないのではないでしょうか。 

そこで、今回、経済産業省が2018年に作成したデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)を取りまとめました。こちらを参考にすれば、DX推進プロジェクトが格段に進めやすくなります。ぜひご一読いただき、自社のビジネスモデル変革に活用してください。 

まず、DXの定義についてご紹介します 

経済産業省の「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン」の中で定義されているように、DXとは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」である。 

近年、デジタル技術を駆使した新たなビジネスモデルが多く展開されおり、こうしたビジネスモデルの変化に対して、競争力を維持するためにDXの積極的な推進は急務だ。DXは業務をデジタル化すれば良いというものではなく、DXを通してどのようにビジネスを変革していくのかというビジョンが重要だと言える。 

経済産業省のDX推進ガイドラインの序文にも、「デジタル技術を活用してビジネスをどのように変革するかについての経営戦略や経営者による強いコミットメント、それを実行する上でのマインドセットの変革を含めた企業組織内の仕組みや体制の構築等が不可欠である」と明記されている。 

DXを推進する現場でも、デジタル化を行うことが目的となってしまい、PoCは実施してもビジネスの変革には繋がらないというケースも多い。DXではなく、デジタイゼーションに留まってしまう形だ。 

DXを成功させるためには、経営トップがコミットメントして、デジタル化を行うことでどのようにビジネスを変革するのか設定し、リーダーシップを発揮して一貫して取り組む必要がある。 

DX推進ガイドラインでは、経営トップからDXに対する意識を変えていき、実現にはITに精通した人員の確保が重要になると記載されています。 

ただ業務をデジタル化すればいいというものでなく、企業の隅から隅までDXに対する意識を変え、実現していかなくてはならないという訳です。意識改革から人員確保まで企業だけで行うには、かなりの労力と時間が必要となります。カオピーズでは、オフショア開発を通したDX実現のお手伝いも受け付けております。

DX推進についてのご相談も、ぜひカオピーズにお任せください 

【カオピーズ】 2 年連続で AWSコンサルティングパートナー になりました!

カオピーズは2020年に初めてAWSコンサルティングパートナーのセレクトティアに認定されました。この成果を継続するためにカオピーズは数々の新規プロジェクト獲得・ローンチを成功しAWSの評価基準を達成、2021年5月にAWS コンサルティングパートナーのセレクトティアの継続に成功しました。AWSコンサルティングパートナーに認定された企業はベトナム国内ではカオピーズを含めて14社(外資系企業を除く)となります。

2014年9月に創業して7年目を迎えたカオピーズは、お客様に高品質なシステム開発サービスAWS導入支援サービス、DX推進支援サービスをリズナーブルな価格で提供しています。そのために、技術力向上に常に努力してまいりました。

2021年にSao Khue 賞 に加えて、AWSコンサルティングパートナーになり続けることは、コロナの流行が複雑かつ絶えず拡大している中、カオピーズのスタッフ全員の努力による価値のある結果です。これは、カオピーズがクラウド コンピューティング テクノロジーを習得する道を自信を持って踏み出し、ベトナムにおける主要なIT企業の 1 つになるという使命を果たすための動機となります。カオピーズはこれからも小規模なWEBサイト構築から大規模なシステムのクラウド移行まで、各種システム開発のニーズに柔軟に対応し、提案から保守運用までご支援いたします。

AWS導入について、何かご質問があれば、以下の問い合わせにご記入下さい。当社のエキスパートが可能な限り迅速に返信します。どうぞよろしくお願いいたします。

2021年 第30回 Japan IT Week に 出展!

弊社株式会社カオピーズは、2021526()28()東京ビッグサイト 西館で開催されるAI・業務自動化 展、情報セキュリティEXPOクラウド業務改革EXPOWeb&デジタルマーケティングEXPOなど、IT専門展から構成される日本最大のIT展示会である第30 Japan IT Week【春】に出展いたします。

緊急事態宣言の発出により開催が延期されていました「第 30 Japan IT Week 春」展示会が、2021526()28()3日間で予定通り開催されることとなりました。

カオピーズはご来場される皆様の安心と安全を第一に考え、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 開催ガイドラインに基づき展示を行います。
コロナ対策に関するJapan IT Weekにおけるコロナ対策: https://www.japan-it-spring.jp/ja-jp/visit/statement.html


当展示会で、解決力・対応力・スピード納品のオフショア開発について、ご紹介いたします。

1.オフショア開発

2.SaaS開発・改修サポート

3.AWS設計・構築・移行サポート

4.AIOCRエンジン

 

2021年 第30回 Japan IT Weekについての具体的な内容はこちらでぜひご参考ください!