モバイルアプリ開発フレームワーク:どのフレームワークを選択するか?

現在、40億人を超えるモバイルユーザーがいるため、人々はスマートフォンの使用をとても楽しんでいるので、技術のない日を過ごすために自分自身に挑戦する必要があります。スマートフォンは、電話、テキストメッセージ、メールのチェック、さらには娯楽まで…

カオピーズ、Sao Khue賞 を3年連続受賞、システム開発力が大好評!

株式会社カオピーズは2019年から3年連続で、今年は「ITアウトソーシングサービス」分野で受賞し、2021年4月24日(土)に開催された授与式に出席しました。カオピーズの取締役メンバーのダン・バン・ヒエンさんはカオピーズの代表として授与式に出席しトロフ…

ベトナムのオフショア開発:メリット&課題

近年、日本では、若く優秀なエンジニアを採用するには、費用と時間がかかり、その問題を解決する方法の一つがオフショア開発です。コストパフォーマンスはオフショア開発を行う目的の一番の理由だと思います。日本企業はベトナムのITパートナーと協力するこ…

AI・画像認識ソリューションを提供するカオピーズ

近年、画像認識は大きな勢いを増している新しいテクノロジートレンドで、 画像処理とは全然違います。 画像認識により、ソフトウェアは画像内の場所、オブジェクト、アクション、人物、およびその他の要素を識別します。 逆に、画像処理は画像をデジタル形式…

AWSとは? AWS導入

AWSとは? AWS(Amazon Web Services)はインフラストラクチャから機械学習まで、200以上のユニバーサル機能を備えたリソースを提供する最大のクラウドコンピューティングプラットフォームです。 これらの組み合わせ可能なシステムは、最大限の使いやすさを提供…

DX とは

DXについてわかりやすく解説していきます。

AI画像認識開発

画像認識は、ここ数年で大きな勢いを増している新しいテクノロジートレンドで、 画像処理とは全然違います。 画像認識により、ソフトウェアは画像内の場所、オブジェクト、アクション、人物、およびその他の要素を識別します。 逆に、画像処理は画像をデジタ…

ベトナムでのオフショア開発

現在、日本では、若く優秀なエンジニアを採用するには、費用と時間がかかる。その問題を解決する方法の一つがオフショア開発 である。 オフショア開発とは、業務ソフトウェア開発、Webシステム開発、またスマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発業務などを委…

オフショア開発、コロナ禍で

従来は、遠隔で連絡を取りながらのシステム開発には、少なからず抵抗感がありました。 しかし、現在はコロナ禍によるリモートワーク導入の流れによって現在は今までの形態では難しかったリモートワーク中心の働き方が求められています。 オフショア開発がコ…

アプリ開発:クロスプラットフォームフレームワークでもっと効果的に

スマートフォンとタブレットの普及によりユーザーとのコミュニケーション・データ収集を要望する企業が多くありシステム開発の他にモバイルアプリ開発の需要も増えています。iOSアプリならSwiftで、AndroidアプリならKotlinで開発を進めるのは一般的です。ネ…

オフショア開発の振り返り

歴史を顧みると2000年前後のオフショア開発と言えば日本国内では中国がその台頭でした。また、隣国である韓国ではインフラ環境の整備が比較的に進んでいて各種サービスやデジタル広告が盛んで目新しい製品やサービスの紹介など積極的に日本にアプローチをか…

IT化に向けパートナー探し

世界は日ごとにフラット化して国際競争が高まっている中、コスト削減や業務の効率化などを目的にIT導入する企業が増えつつあり苦境に負ってしまうといったニュースが頻繁に流れてきます。 業務改善を成功させるにはITツールの活用が不可欠でインタネットで新…

オフショア開発の悩み:請負型か?ラボ型か?

プロジェクトに適したオフショア開発チームを探していく段階で請負型開発とラボ型開発の間に迷ってる方が大勢いるでしょう。この2つの開発形態の選択できるポイントの1つは開発スタイルです。開発スタイルは、システムの目的や状況に応じて選択できます。ど…

インタビューコーナー:IT・オフショア開発業界 COVID-19肺炎に負けず採用活動を頑張っているカオピーズ

現在、ベトナムは新型コロナウィルス感染状況をうまくコントロールできており、経済活動をいち早く再開する国のうちの1つです。困難な状況に乗り越えるため、コスト削減対策として採用活動を減少するベトナム企業が多くあります。ラボ型開発・オフショア開…